DCIMとは

DCIM(Data Center Infrastructure Management)は、エンタープライズクラスのソフトウェアを活用したデータセンター管理システムです。DCIMは、データセンターにおける物理的および
デジタル資産、環境および技術システム、ワークロードの配置を管理するためのプラットフォームを提供します。

なぜDCIMが必要なのか?

DCIMは、データセンター・インフラのあらゆる側面を管理の面からカバーします。DCIMソフトウェアに含まれるツールとソリューションは、インフラストラクチャ全体のデータ収集などの時間のかかる作業を自動化し、データセンター管理者が効果的かつ効率的にデータセンターを管理できるよう支援します。

DCIMソフトウェアは、さまざまな場所やシステムにまたがるデータセンターのインフラを管理するためのツールとソリューション式を提供します。これにより、ワークフロー管理などの手間のかかる
作業を自動化し、監査証跡を提供し、IT、ビル管理システム(BMS)、ビジネスシステム全体の可視性を向上させ、データセンターの利用率と効率性を最大化することができます。

DCIMはどのように役立つのでしょうか?

DCIMソフトウェアにより、データセンター管理者は、データセンターに関連するすべての事項を効果的に管理、監視、可視化、分析し、情報に基づいた意思決定を行うことができます。

RSIのDCIMサービス

RSIのDCIMサービスは、データセンターの指標を期待されるレベルで監視することを支援します。

データセンターのインフラはそれ自体複雑なシステムですが、DCIMソフトウェアとすべての測定値を同時に監視することは、さらに管理が難しく感じられるかもしれません。DCIMソフトウェアの
使い方を熟知したデータセンター運用スタッフが、常にアンテナを張り、異常が発生した時点で対処します。

特にコンテナ型データセンターでは、24時間365日体制で運用するスタッフがいないため、当社のDCIMサービスは好評を得ています。RSIの24時間365日のオペレーションスタッフが、どのような
場所でもお客様のデータセンターをお預かりし、最大限の稼働を維持します。

ご要望をお聞かせください

株式会社RSIは、データセンター業界において、企画・構築から運用・管理まで、さまざまなサービスを提供致します。
ネットワークとデータ処理サービスのあらゆる側面を当社のバイリンガルサービスにお任せください。 お客様のソリューションをコンピューティングの未来に統合するお手伝いをいたします。

jaJapanese