従来型データセンター

大きな建築物

冗長部品

専任スタッフ

ビッグデータ

エッジ・インフラストラクチャー

コンパクトで
拡張性が高い

散冗長性

独立した操作

迅速なデータ活用

1

レイテンシーの低減

光速に限界がある以上、通信速度を上げるには、近づけるしかないのです。
ネットワークにおけるレイテンシーとは、リクエストを送信してからレスポンスを受信するまでにかかる時間のことです。ネットワークエッジでより多くのデータが高速に生成されると、
より迅速な応答が求められるため、レイテンシーが大きな問題となり始めるのです。
RSIのソリューションは、ユーザーと処理装置の距離を縮めるために、複数の場所に分散して
配置されています。これにより、データの移動距離を大幅に短縮することが可能です。

2

帯域の開放

デバイスの距離が近くなれば、情報が長距離を移動する必要がなくなるので、ネットワークの
帯域が解放されます。
通信のもう一つの重要な側面は、帯域幅がチャネルで時間内に転送されるデータ量を意味することです。帯域幅を高速道路に例えると、その高速道路からデータが出やすくすることで、車線を
空けることができると想像できます。
この近接性は、干渉のために短い距離しか移動できない短距離ブロードバンドで動作する
5Gインターネットなどの通信にも役立ちます。

エッジコンピュータ&デバイス

エッジデバイスとは、生活をより便利にするために、データを生成し、利用する日常生活で使用される機器のことです。しかも、これらの機器は小型で、持ち
運びが可能なものであることが多い。そのため、
すべての計算を行うには十分な処理能力と電力が
ないのが一般的です。

エッジインフラは、データを作成するデバイスと
データセンターの間に設置することで、この問題を
回避することができます。エッジコンピューターは、適切な機能に必要なデータの処理を支援し、情報を
長距離に転送する必要がなくなるため、ネットワーク全体が自由になります。

ご要望をお聞かせください

株式会社RSIは、データセンター業界において、企画・構築から運用・管理まで、さまざまなサービスを提供致します。
ネットワークとデータ処理サービスのあらゆる側面を当社のバイリンガルサービスにお任せください。 お客様のソリューションをコンピューティングの未来に統合するお手伝いをいたします。

jaJapanese