データセンター・デューデリジェンス

RSIはアドバイザーとして、データセンターの土地や施設のデューデリジェンス、データセンターの評価について、投資家や売主をサポートし、ガイドします。案件の性質、施設の状態、現地の基準を理解することは、リスク軽減や案件がポートフォリオに合致しているかどうかという点で、投資家と売主の双方にメリットがあります。つまり、デューデリジェンスは、潜在的な取引に関して、十分な情報を得た上で投資判断を行うのに役立ちます。

不動産 デューデリジェンス

RSIのデータセンターの専門家は、投資家に対して、将来のデータ
センター建設に向けた土地取得やデューデリジェンスに関する重要な
ガイダンスやコンサルティングを提供しています。不動産投資会社、投資家、データセンター事業者が取得を検討する資産の見直しを支援します。
不動産投資家やデータセンター提供サービスでは、購入予定の土地が
データセンター投資に適しているかどうかの確認をRSIに依頼
します。
そして、当社のエンジニアとコンサルタントのチームが、それぞれ
依頼主から提供された資料をもとに現地訪問や机上調査を行い、
秘密保持契約(NDA)に基づいて評価報告書を作成します。

設備・デューデリジェンス

RSIの施設デューデリジェンスレポートには、既存の資産状況、
耐震性、設備年齢、ビル管理システム、DCIM、CAPEXとOPEX、Tier
レベル/相当、エネルギー効率、潜在的障害点などのレビューと評価が含まれています。
データセンターのセキュリティ、プロセス、アプリケーションを理解することは、買収候補企業にとって非常に重要です。SLAに不可欠な重要性とは別に、これらのコンポーネントは重要な利益源である
ため、データセンターのコストと考えられるリスクに精通している
ことが重要な鍵となります。
円滑な買収を確保するため、データセンター建設のための土地評価、既存のデータセンターのITシステムアーキテクチャ、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーションに対応したデューデリジェンス
サービスを作成しました。
デューデリジェンス段階でのこれらの重要な側面の理解は見落とされがちであり、このプロセスに含まれるべきものです。

データセンターの評価

豊富な実績と、環境負荷低減を実現するための時代の要請を強く意識しています。日本データセンター協会(JDCC)の施設基準
(J-Tier)やPUE算出方法に基づいてデータセンターを評価します。これらの評価指針を検証しながら、市場競争力のある運用を構築することがRSIの特徴です。
  • 施設基準の評価
  • PUE計算支援
  • 文書化・設計・現場検証

ご要望をお聞かせください

株式会社RSIは、データセンター業界において、企画・構築から運用・管理まで、さまざまなサービスを提供致します。
ネットワークとデータ処理サービスのあらゆる側面を当社のバイリンガルサービスにお任せください。 お客様のソリューションをコンピューティングの未来に統合するお手伝いをいたします。

jaJapanese