RSIは、ネットワークのエッジにあるデータを処理するためのバックボーンインフラストラクチャを提供します。ここは最終エンドユーザーに近く、データが作成される場所でもあります。

従来のデータセンター

大きな建物と構造

専任スタッフ

冗長コンポーネント

ビッグデータ

エッジデータセンター

コンパクトでスケーラブル

分散化による冗長性

独立した運用

リアルタイム処理や制御

遅延値待ち時間の短縮

データ処理においては光の速さが速度の限界であるため、通信速度を向上する唯一の方法は通信距離を短くすることです。

ネットワークの分野において遅延値とは要求が送信されてから応答が受信されるまでにかかる時間です。より多くのデータがネットワークのエッジで生成され、より高速な応答が要求されるようになると遅延値が大きな問題となります。

RSIのソリューションは必要な場所に配置できるため、ユーザーと処理装置の間をより接近させることができます。これによりデータの通信距離を大幅に短縮できます。

帯域幅の解放

デバイスが近くにある場合、情報が長距離を移動する必要がないため、ネットワーク帯域幅が解放されます。

電気通信のもう1つの重要な側面である帯域幅は、ある時間内にチャネルで転送できるデータの量を指します。高速道路として帯域幅を例えると、データがその高速道路を出やすくすることにより、車線を解放できると想像できます。

この概念は、干渉の影響で短い距離しか通信できない短距離広帯域で動作する5Gインターネットなどの通信にも役立ちます。

エッジコンピュータおよびデバイス

エッジデバイスとは、私たちの生活をより便利にするためにデータを生成したり、使用する機器で日常的に利用されているものです。

ただし、これらのデバイスは小型でポータブルであることが多いため、通常すべての

演算を実行するのに十分な処理能力と電力がありません。

この問題はデータ作成デバイスとデータセンターの間にエッジインフラストラクチャを配置することで回避できます。

エッジコンピュータが必要なデータを適切に処理するためネットワーク全体の負荷も軽減することができます。これは情報を遠くに伝送する必要がないためです。

Site logo
Contact us to learn more
+81 03-6672-6330
info@rsi-kk.com